Month: 7月 2014

水道修理・赤痢⇒ジェネレーションギャップで見るCM

最近、水道のCMをよく電車で流れているのを見かけます。
アニメーションで「水道水は、美味しくて安全!」と謳っているのですが、
演出が美味しすぎやしないかと若干いぶかしげてしまいますが、
「空腹は最高の調味料である」のと同じ感じで、
喉の乾きはどんな水でも最高の水に変えてしまうのかもしれません。
私の幼い頃は水道修理がやたらあったような気がして、
学校でも赤痢に気を付けましょうとか言われていたり、
でもグランドの水をがぶ飲みしてたりで、今考えると変に微笑ましいです。
そういう時代の流れを思い出すとこういう公共CMも面白いです。

井之頭病院で見たCM

知人が井之頭病院に入院したとの話を聞き、
一度はお見舞いに行っておかないと、と体調を確認して先週行ってきました。
結構暇してたみたいで、1時間ほど話をしてきたのですが、
彼は普段ほとんどテレビを見ないのに、
入院中はあまりにも退屈なのでテレビをつけることも増えたそうで、
最近のCMは面白い!と言ってました。
お気に入りは鬼退治に行く小栗旬が出ているCMと、トヨタ自動車のCMだそうです。
ストーリー性を感じるいいCMですよね。