水道修理・赤痢⇒ジェネレーションギャップで見るCM

最近、水道のCMをよく電車で流れているのを見かけます。
アニメーションで「水道水は、美味しくて安全!」と謳っているのですが、
演出が美味しすぎやしないかと若干いぶかしげてしまいますが、
「空腹は最高の調味料である」のと同じ感じで、
喉の乾きはどんな水でも最高の水に変えてしまうのかもしれません。
私の幼い頃は水道修理がやたらあったような気がして、
学校でも赤痢に気を付けましょうとか言われていたり、
でもグランドの水をがぶ飲みしてたりで、今考えると変に微笑ましいです。
そういう時代の流れを思い出すとこういう公共CMも面白いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>